いよいよ来週末!

 

 

minneのハンドメイドマーケット2018

https://minne.com/handmade-market
2018年4月27日(金)・28日(土)・29日(日)
10:00〜17:00(27日のみ18:00まで)
東京ビッグサイト 東7ホール

 

会場は東京ビックサイトの東7ホール、入口から一番遠いホール(笑)です。

ひつじやは【mE006】、大きな通路に面した角ブースをいただいています。

期間中全日出展いたします。

 

今回、素材ブースは会場中央近くに 8ブースという小さなブロックですが・泣 位置しております。去年は会場端っこでちょっと寂しかったのですが、中心近くというのもそれはそれでチキンハートがぷるぷるします。

 

 


 

4/9 12時で締切りました!

沢山のご応募、ありがとうございました!

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

InstagramなどSNSで「近日〜」とお話ししておりましたが、本日より手染めのレース糸をお試しで使って感想をくださる方を募集いたします。

 

 

タティングレースやかぎ針レース、その他どんな形であっても構いません。「その他どんな形」には、タッセルとかレジンと組み合わせてとか刺繍に使う等々。

 

手染めレース糸を使って、その感想(と、できたら写真も…!)を送ってくださる方、大募集!

 

   

 

 

■応募いただける方

手染めしたレース糸(シルクとコットン)を1.5gずつ(だいたい12m〜16mくらい)お送りいたしますので、それでナニかを作って、その感想(とできれば写真も!)をひつじやに送ってくださる方。

 

到着後なるべく早くに試作をして、お声を聞かせていただけると嬉しいです。

 

年齢性別各種資格プロアマ一切不問。

ただし郵送の関係上、日本国内在住の方に限定させていただきます。

 

感想&写真を頂いた後であれば、余った糸はご自由に使っていただいて結構です。

この糸を使って販売品を作ってももちろんOK! (追加のご注文お待ちしておりまーす!笑)

 

また、送っていただいた写真は、「どなたの作品か」を明記の上、ひつじやWebサイトやイベント販売時のPOPに使用させていただく場合があります。ご了承ください。

 

 

■費用について

レース糸代や糸郵送料はひつじやが負担いたします。

 

制作にかかる費用(人件費や追加資材・道具の購入等)はご負担ください。

 

 

■アンケート回答方法について

Webアンケートにご記入いただきます。

内容は

 ・シルクとコットンどっちが使いやすかったか

 ・量は多いか少ないか

 ・なにか気になったことがあれば

です。

 

レース糸発送後、アンケート回答ページのアドレスをお知らせいたしますので、使ってみての感想を教えてください。

 

 

■申し込み方法

ひつじやのお問い合わせフォームよりお願いいたします。

 

【ひつじやお問い合わせフォーム】

https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01305256

 

お名前、メールアドレスの他、タイトルに「レース糸お試し申し込み」とし、本文に【郵便物が届く】郵便番号・ご住所・お名前と、「どう使う予定(タティングレース/かぎ針レース/その他)か」をご記入ください。


普通郵便 定型で発送する予定ですので、郵便局留(日本郵便ホームページが開きます)での発送も承ります。

(もし詳細な住所を知られるのはちょっと…、という方は局留をご利用ください)

 

 

応募者多数の場合(あるのか?💦)は、多少ジャンル別の選考を行い、それでも絞り切れない場合は抽選とさせていただきます。

(今のところタティングレース、かぎ針レース、その他で各2〜3名、全部で8名前後集まっていただけたらいいなああああ、と思っています)

 

 

■申込締切日

2018年4月9日 12:00(お昼)着信分まで

 

 

締切後、場合によっては選考&抽選いたします。

普通郵便 定型(お留守でもポスト投函になります)にてレース糸を発送し、「レース糸発送しました&アンケートページへのリンク」メールをお送りいたします。

 

 

 

どうぞふるってご参加くださいませ!

よろしくお願いいたします!

 

気の向くままに野生の勘で染めているため、それぞれが一点もののメリノシュロプシャーの120g巻き。

 

「素材」ですので煮るなり焼くなりお好きにどうぞー! なのですが、紡いだ時の色の出し方についていくつかご案内いたします。

 

 

ひつじやの120g巻きから紡ぐ糸、トップ(スライバ―)の裂き方、幅、紡ぐ順番によってどんどん表情が変わります。

 

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

まずは 【1】縦方向にそのまま紡ぐ 。

 

色の移り変わりが(細く裂いたときよりも)ゆっくりになります。

ただし、元の繊維の束が太い分、色ズレもおきやすい。(画像で言うと、赤がまだ手元に残っているのに紫が出始めちゃったり)

 

幅広のトップから紡ぐ場合には、事前にロービング(粗紡)を作っておくと紡ぐとき楽です。

 

繊維同士が離れるよう横方向によくほぐし、縦方向に手であらかた引き伸ばしたあと、DIZを使うと揃えやすい、ような気がします。(正直、元のトップが太いとロービングつくるのもひと手間ではあります。……まあ紡ぐ段階で苦労するか、紡ぐ前に苦労しておくか、の二択ですかねえ…)

 

(ひつじやオリジナルDIZ:イベント販売のみ)

 

 

出来上がった単糸を双糸にするときも何パターンかあります。

 

【1-1】別色(単色:白や黒、茶など)の単糸と撚り合わせて、色がゆったりと切り替わるムク糸にする。

(左から赤ピンク系の淡い色+白、淡いマルチカラー+薄グレー、ビビッドマルチカラー+白。一番右のビビッド+白は白単糸が細めのためカラーが強く出てしまいました。これが同じ太さや白が太くなると、また印象が変わります)

 

【1-2】別色(多色)の単糸と撚り合わせてみる

(左はまったく色目の違う単糸を撚り合わせ、右は差し色はあるものの同系色で撚り合わせ)

 

【1-3】2本どり双糸ではなく、単糸を3本撚りのナバホプライ(ナバホ撚り:1本の単糸を大きな鎖編みをしながら撚り合わせる)にする方法もあります。その場合単糸1本を撚り合わせるので、ムク糸よりも色の変化がはっきりと見えるかと思います。ただ3本撚りのため2本撚りよりも太くなるので、最初に紡ぐときの太さに注意。

 

 

 

次に 【2】縦方向に2分割して紡ぐ 方法。

 

【2-1】同じ方向に紡ぐ ケースと、

 

【2-2】2番目は逆方向から紡ぐ ケースがあります。

 

 

【2-1】の場合は【1】と同様に撚り合わせで変化が生じます。

【2-2】の場合、紡ぎ終わった単糸をいったん玉巻きし、両端(紡ぎはじめと紡ぎ終わり)を揃えて2本撚り合わせにすることができます。こうすると最初のスライバ―(トップ)の色の遷移そのままの双糸が出来上がります。(ただ、これを成立させるためには正確に2分割し、かつ双方が同じ長さに紡げていなければならないので、なかなかに難しいのですが…)

 

 

 

上記写真は120g巻きのサンプルとして作成した、三日月(猫の爪)形ショールとその両端です(あえて晒します・笑)

【2-2】の方法で単糸を紡ぎ、はじめとおわりを揃えて2本撚り双糸にしました。

 

右の写真の上は撚り合わせスタートの部分、下は折り返し(撚り合わせ終わり)の部分です。スタート時は色が揃っているのではっきりした色ですが、折り返し部分は揃わなかったため曖昧な色になっています。

 

このサンプル(ショール)はイベント参加時に「メリノ120g使用例」として持参していますので、どうぞ機会がありましたら実物をご覧ください。(出店予定イベントはひつじやトップページ http://www.hitsuji-ya.com に掲載しております)※持参していない場合もあります。

 

 

 

 

【3】色をコロコロと切り替えたい場合。

 

縦方向に細く細く裂き、紡ぐ。この時もすべて同じ方向に色を出す、また交互に向きを変えるなどバリエーションは豊富です。

 

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

 

これはあくまで「羊毛」で「1本のトップ」から「同じ太さ」に紡ぐ、に限定した話なので、更に「細く裂いて白(黒や茶でも)とカラーを交互に紡ぎ、更に白と撚り合わせてところどころムク糸になるようにする」とか「撚り合わせに真綿から紡いだ絹紡糸を使う」とか「ノットヤーンでこぶを作る」とか「スラブに紡いで細い糸に絡める」とか、バリエーションは本当に本当に様々です。

糸紡ぎの可能性は無限大!

 

 

…こうやって文字にすると、糸作るとこから始めるということが「本当に際限ねえ世界…(遠い目)」と思い知らされます。

 

が、これこそが「糸作りからのモノづくり」の面白さかな、とも思います。

この楽しさを知っちゃうと、市販の糸ではちょおっと物足りなくなっちゃうんですよねえええ。

 

 

 

まあまあまあ楽しいから一回やってみそ♪ と羊沼にハマったっきり抜け出る気がない人間は軽く言ってみますハイ。

 

 

本日「染め真綿」各色をアップしました。

ひつじやでは国産の「近江真綿」をご用意しております。

 

真綿というのも、これがまたなかなかに面白い&応用範囲の広い素材の一つです。

固まっているフチをほぐしてから繊維を引き出し、紡毛機で撚りをかけて糸を紡ぐこともできます。(なんたって繊維が繋がっているので、糸に紡ぐのは簡単です。両手を使うので、スピンドルではちょっと難しいですが…)

 

また石鹸水フェルトのベース(下地)に使うこともできます。真綿をネット状に広げることでウールを下支えし、ウールを薄くしても崩れにくい(抜けにくい)のです。

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

今回石鹸水フェルト使用時の参考に、と「染め真綿とメリノで薄手マフラー」のサンプルを作ってみました。

超超ざっくりした説明ですが、作品作りのヒントになれば幸いです。

 

 

 

真綿に限らずシルクはとても暖かい素材です。なので、ウールが極限まで薄いのにとても暖か&肌あたりも抜群。(手指が荒れてると繊維がひっかかりますが…)

軽やかで爽やかな色を選ぶと春先に巻いていても違和感なし。

青系統の色を使ってもっと幅広くすると、夏の冷房除けにもいい感じです。

 

【用意したもの】

型紙は30cmx180cmでしたが、出来上がりは15~22cmx140cmになりました。

 

【ざっくりした手順】

  1. 真綿を薄く剥いで必要な枚数に分ける(今回は3gを6枚に分割)
  2. フチをよくほぐして、ビニールシートの上に1枚30cmx30cmくらいに広げる
  3. 2.を繰り返して6枚を一列に並べる(隣り合った真綿はほんの少し重ねる)
  4. 真綿の上にメリノ60sを薄く薄くのせる(30cm四方の真綿1枚に対してメリノ3g弱)
  5. フェルト化させる

 

【注意点】

・真綿は力を入れて引っ張ると割とどこまでも広がります。

が、広げ過ぎると羊毛を支える下地としての役割がアヤしくなるので、私は25cm四方→30cm四方くらいにしました。もう少し広げても良かったかな、と思っています。まあ、この辺りはお好みで。

均一には広がらない(どうしても厚い薄いが生じる)ので、偏りをなくしたり、逆に偏りを作って真綿の色を濃く出したり、加減してみてください。

広げる作業は一人ではなかなか難しいかもしれません。もしどうしても人手がない場合はビニールシートの下に段ボールを敷いておいて、一辺を広げたら両端二か所を画鋲でとめる→残り三辺を広げる、という方法が良いかもしれません。

 

・羊毛は極限まで薄く、と思って、今回は2層(縦1回横1回)にしました。

置き始めの最初あたりは良かったのですが、途中から羊毛の置き方が粗くなったよう(集中力がログアウトした…)で穴が開いてしまいました。

 

ただ、全面がこういう感じであるならそれはそれでいい感じでは、とも思う(ポジティブシンキング!)ので、これもまたお好みで。最初から穴あり想定の場合は、もっと羊毛を減らしてもいけそうだな、と思います。

 

・手荒れしていると真綿も羊毛もひっかかります。作業前にはハンドクリーム等をよくすり込んでピカピカつるりにしておきましょう。

 

・今回「良い部分も悪い部分も全部晒す」ということで、端っこはあまり処理しませんでした。

はみ出していた羊毛がこすっているうちに内側外側に巻き上がり、厚くなっています。下の写真だとオリーブ色の下あたりが羊毛がまくれあがってダマになってしまってますね。

本格的にフェルト化させる前に、端っこのはみ出た(余計な)羊毛を切り落とす等すると比較的輪郭が綺麗に仕上がると思います。

 

・フチをフリル状にする場合はマフラーの中心は伸ばさず、フチだけを伸ばし気味にぎゅうっとアイロンかけると可愛いく波打ちます。

今回はできるだけ平滑にしたかったので、仕上げのアイロン時に上下左右かなり力を入れて引っ張って、全体を伸ばしています。

 

 

【こういうコトもできるかもですよ】

・2層で重ねるウール、一層目と二層目で色を変えてみる

・未染色真綿+染めメリノで重ねてみる

・真綿と羊毛の色を同じ系統にまとめる

・あえて真綿と羊毛は別の色にする
・両面真綿にして、ウールをサンドしてみる

・真綿を正方形ではなく長方形にして幅広ストライプっぽくしてみる

・真綿の色を全然系統違う色にしてみる

等々…

 

可能性はまだまだまだまだいくらでもありますね。奥深さが恐ろしいですが…

ぜひお試しください♪(そしてチャレンジしてみたら、ぜひぜひ私に写真と感想をください・笑)

 

本日、当サイトにシルクスクリーンプリントの「羊ポストカード」を追加しました。

 

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

【羊の品種】

羊の品種名は(欠けているものも含めて)39品種並べています。一コもダブってません。

ひつじや定番種(メリノ、コリデール、シュロプシャー)ももちろん入ってますし、なかなか日本国内では聞かない名前もあります。

 

当初日本国内でよく聞く品種で埋めていったのですが数が足りず、英国種を加えても足りず(〜Downや〜shireが多く、文字のぱっと見の印象が被る…)、オセアニア、アメリカと手を広げました。
 

選抜の基準も配置の順番もデザインの都合でございます。他意は全くございませんええありませんとも。

 

 

【インク】

ラメラメの入っている、カッパー(銅)色のインクを使用しています。

角度を変えるとキラキラと光を反射するのですが、これがまあ撮影が大変難しい(笑)。

 

が、このデザインを思いついたときから、もう「絶対インクはカッパーだ」と決めておりました。
白に刷っても黒に刷っても見事に映えます。ラメってる分、ノーマルカラーよりお高いのが玉に瑕。

 

 

【紙について】

私自身に「事情は色々あると察するが、個人的に薄いハガキというのは受け入れがたいっ」というヘンテコなこだわりがありまして、とにかく厚い紙を選びました。

 

商品説明にも記載していますが、「日本郵便の定める郵便はがきの規定の重さは2〜6g」です。このポストカードは5.5g、シールやテープでデコレーションすると、きっと規定の6gを超えてしまいます。

6gを超えると「郵便はがき62円」ではなく、「定形郵便82円」になりますのでご注意ください。

 

封筒に入れてグリーティングカードとしてもお使いいただけるよう、裏面(宛名面)には何も印刷していません。

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

1枚1枚、丁寧に手刷りしております。

(正直なところまだまだ失敗が多いため、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」戦法で挑んでおります。お手元へは選抜メンバーがお目見えいたします)

 

 

秋の東京スピニングパーティ(受かれば…)には、同じ絵柄のマルシェバッグ(…だって皆さん、お買い物なさいますでしょ?)をご用意する予定です。

羊飼いさん用、イベント出展者さん用にサコッシュもいくつか用意、するかもです。

 

ご期待くださいませ (・ω・)ノ

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【手染めレース糸、試してくださる方を募集してます】締切りました!
    猫欧州
  • アルパカ牧場見学ツアー そのいち
    みく
  • 新年ご挨拶&散財初め&次回イベント
    chappo
  • お詫び*犬糸猫糸 いったん受注停止
    まつざわ
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    てる@ひつじや
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    Roux
  • 相模大野の準備中
    Roux
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    roux
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    てる@ひつじや
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    roux

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM