イベント準備でばたばたしっぱなしで、しばらく放置状態だった花壇の和棉。
ひさびさにチェックしてみたところ、数個はじけていました。



このカタマリを「きゅむきゅむ」と握るのが、実はけっこう好き……。




収穫量があまり多くないので(なんせ花壇ですし)、一通り収穫が終わるまではカゴに入れて天日干し。
ふかふかちゃんになったところで一気に全部棉繰りしてしまいます。

まだ花が咲いている株も多いので、年内いっぱいは収穫が続く予定。



……あー、サフラン植えるの忘れてた!!



…………スゴイナー(ロボット口調)。


この花壇で育て始めて以来の茂りっぷりです。


うーん、おかしいなあ。今年は市役所でわけてくれる腐葉土をゴミ袋2つ分くらい入れただけで、鶏糞もなんも入れていないのですが。(もともととても荒れて弱っている土壌だったので、腐葉土の5キロや10キロでは見た目なんも変わらない)

種まきこそ「えーいどうせ3年前の種で来シーズンは捨てちゃうんだし、とりあえず全部蒔いちゃえハート」てな感じだったんですが。
夜盗虫にやられたりでけっこうな数の株が沈んでいきましたが、生き残った株は強かった。


ただ、和棉は栄養が多すぎても、株が混みあいすぎてても出来が悪くなるので、収穫まではまだまだ安心はできないのです。
うまいこと収穫できますように!




なんで和棉の花ってこー奥床しいんでしょうね。

もうちょっと「あたしここで咲いてんのよー!」てアピールしても良いと思うんですけど。蓮みたく。

暑い日が続き、人も犬もバテております。
猫は迷惑なくらい元気なんですが……

和棉も元気です。




………あれー?

なんか、例年にない茂り具合なんですけど。
去年も一昨年も、こんなにわっさわさに茂ってたっけ………(過去の脳内メモリ検索中)………まあいっか。

早い畑ではもう花が咲き始めているそうです。
うちでは、あと数日で咲きそうなつぼみをいくつか発見しました。

つくづく「風土に適している」植物というのは強いな、と思い知らされます。
だって雑草抜きもしてないし、水遣りしたのも一ヶ月前くらい……。




わー。
雑草だらけー(笑)。

水も一週間か二週間に一回くらい、除草は気が向いたとき、肥料は春に少しだけ。
どえらいスパルタ環境ですが、和棉は元気です。

やっぱり環境に適しているんでしょうね。
本葉さえ出ちゃえば、生半なことじゃへこたれません。

だいぶ本葉が出てきました。




……しかし虫食いがひどい。
やっぱり新しい芽は柔らかくて美味しいんでしょうかねえ。


双葉が出たものの、いつの間にか姿を消す株はけっこうあるのですが、ここまでくればそうそう枯れません。

なので、虫食いも基本放置。

負けずに育つ子(株)だけが生き残れるのです。スパルタスパルタ。

だいぶ芽が出揃ってきました。


一番手前の列が一番芽が出ているのですが、やっぱり日当たりのせいでしょうかネ?
(日のあたる時間が一番短い奥は、やはり発芽率が悪いです)

梅雨のころから初夏にかけて、根がしっかりとはったあたりから「水遣りはお天気まかせ〜♪」になりますが、今はまだコマメに水遣りをしています。
だいたい二日に一回くらいかな。(……コマメ?)
量は思い切り良く「水溜りができるまで」。

直植えはこういうあたりが本当に楽ですな〜。
(鉢植えの場合は乾きやすいので、もうちょっと回数多めが吉)



5/6に蒔いたのが、続々と発芽中です。
さーて、どれだけ生き残ってくれるか。

「棉の苗は、状態の良いのだけを残して間引くべし」と教わったのですが、なぜかこの花壇では自然淘汰されていきます。

……手間なしで良い。としておこう。



<<おまけの水鉢園芸>>
睡蓮(デンバー種)の花がそろそろ咲きそう〜♪



花壇で和棉の芽一号を確認。他にも五号くらいまで発芽。
(しかし、石がゴロゴロしてる荒れ土なのがバレバレ…)

しかし、芽が出たからといって安心はできません。
わりと生存競争が厳しいというか、双葉の次が出せずにいつの間にか姿を消す芽もいるのです。

本葉さえ出てしっかり根がはれば、ホントしぶとい植物なんですけど…。

**

新しい(昨年冬収穫の)種は【和棉の種配布】へまわしているので、わたしが実際に花壇に蒔いているのは一昨々年(3年前)の種です。
(2年前=一昨年の種は、昨年の種が切れたときのフォローのためにとっておいてます)

どかどか景気良くかつ適当にばら撒いているので正確な発芽率は不明ですが、それでも半分くらいは芽が出てる気がします。

GWも通り過ぎ、だいぶ春めいてまいりました。
さあ、みなさま、和棉を蒔く準備はよろしいですか〜?



ひつじやジムショ裏の花壇も、雑草並みにのさばっていたノースポールを引っこ抜き、ついでにこっそり繁殖していた雑草も引っこ抜き、葉が黄色くなったサフランの球根も堀り上げました。
(手前のムスカリと水仙は、あともう少し植えておきますですが)

固くしまった土を熊手でがすがす砕き(おかげで親指付け根が筋肉痛)、市役所から貰ってきた腐葉土を梳き込み。

この花壇、石が多くて決して良い土壌ではないのですが、和棉はこれくらいスパルタちっくな環境のほうが良く育つようです。(養分たっぷりの畑で育てた相方もげっちの棉のほうが、去年の出来は悪かったので)

■□■□■

ひつじや2008年収穫の種は残りわずか!
ご請求はお一人様1袋とさせていただいております。

えー、いっぱい植えたいのに〜! という方、棉の種は1株育てばそこから240粒の種がとれます。
1年我慢すれば、どうしたって種は余るようになります。
お一人でも多くの方にお分けするためですので、どうかご了承ください。


和棉の種のご請求は【こちら】へどうぞ!



GW最終日(ちょうど3週間前)に蒔いた和棉が、連続して芽を出しました。(黒マルチを張った相方の畑はもうちょっと早かったそうです。やっぱり黒マルチ張ると地面の熱が逃げにくくて、芽吹きやすいのかもしれません)

種はどんどん増えるので、剛毅に豪快にこれでもかというくらいに蒔いてみました。もう少し育ったら、育成状態のよいものだけを残して間引きます。

去年は今頃慌てて花壇の整備をしていたっけねー(花壇が借りられたのがちょうど今頃だったので)。
6月頭にようやく蒔きましたが、それなりに収穫できました。

関東の方、まだ間に合いますよー!
今のシーズンを逃してしまうとまた一年お預けです。種の請求はお早めに♪

【和棉の種の請求はこちら!】


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アルパカ牧場見学ツアー そのいち
    みく
  • 新年ご挨拶&散財初め&次回イベント
    chappo
  • お詫び*犬糸猫糸 いったん受注停止
    まつざわ
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    てる@ひつじや
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    Roux
  • 相模大野の準備中
    Roux
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    roux
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    てる@ひつじや
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    roux
  • 横浜アート縁日18
    てる@ひつじや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM