犬糸猫糸、非常に多い質問があります。


「マフラーを作るには、何グラム必要ですか?」

もしくは

「何グラムあります。なにが作れますか?」


そのたび、モニターを睨みつつ苦しみ悶える人間がここに一人……。



**


仮にマフラーを作るとした場合、まずは「編み」「織り」か、があります。


編みの場合、「棒針」「カギ針」か、はたまた「ヘアピンレース編み」か。
棒針のほうが軽く(必要毛糸量が少なく)済みますが、デザインによってはヘアピンレースのほうが大きさのわりに軽く仕上がります。

また、編みよりも織りのほうが必要毛糸量は少ない(ニットと布を比べた場合、ニットのほうが糸の重なりが多いので重い)、んですが、まだここにもトラップがあります。


それは、毛糸の太さ。
毛糸が太ければ太いほど出来上がる布の厚みが増します。すなわち重い=必要毛糸重量は多い。

んじゃ毛糸が細ければいいんでしょ、ということになるんですが、どっこい犬毛がフェルト化していたり、短すぎたり、太かったり、硬い場合はどうしても毛糸が太くなってしまいます。(ダブルコートのわんこちゃんの場合、どうしてもオーバーコートが混じると太くなります)



で、犬毛猫毛でレース糸はまず不可能です。
通常レース糸に用いられるコットンは獣毛(羊毛含む)に比べるとどえらく細い繊維ですし、シェトランドレースなんかはウールですが全収穫量のうちの数パーセント、最上級の細い毛でないと作れない代物です。


それとはまた別次元の話で出来上がった犬糸の肌触りによっては、どうしたって首周りなどの敏感な部分にはオススメできないこともあります。


**


犬糸猫糸作品というのは、このように根っこの複数の要因が絡んで欲しくないトコまで絡み合ってしまうシロモノなので、どうしてもさくっと「マフラーなら何グラムあればできますよ!(白い歯きらーん)とお答えできないのでございます…。


犬種によっても1gあたりの出来上がり犬糸量が違うので……。確実に羊毛の1.5倍くらいは重いんですけどね…(つまり羊毛毛糸1g=1.5mの場合、犬糸は1g=1mとなる)

ですが、出来上がった糸によってはモヘアを負かすほどの毛羽立ちなので、本通りのゲージで編むと目が詰まりすぎたりもします。



自由度が高すぎて、しかし縛りも多すぎて、もうどうにもなりません。

ホント、なんでこんなもんに手を出してしまったのかと過去の自分にドロップキックですよ。



もう本当にコレばっかりは、試し紡ぎをしつつ、何度かやり取りをさせていただいて、徐々に範囲を狭めていくしかないんです(泣)。

経験値が増えればさくっとお答えできるようになるかと思ってましたが、どんだけ増えても悩む度合いに差はありませんでした…。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アルパカ牧場見学ツアー そのいち
    みく
  • 新年ご挨拶&散財初め&次回イベント
    chappo
  • お詫び*犬糸猫糸 いったん受注停止
    まつざわ
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    てる@ひつじや
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    Roux
  • 相模大野の準備中
    Roux
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    roux
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    てる@ひつじや
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    roux
  • 横浜アート縁日18
    てる@ひつじや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM