イベント会場等で手紡ぎについてご質問をうけることがあるのですが、

「この糸は正しく紡げていますか?」

と聞かれるとものすごく困ってしまいます。

 

 

 

手紡ぎや手織り、手編み等には「効率のよいやり方」や「仕上がりが美しいやり方」はあっても、「正しいやり方」はない、と私は思っています。

もし基準があるとしたら、「作りたいものに向いた糸になっているかどうか」ではないでしょうか。

 

ふわふわの柔らかなマフラーを編みたいのならきりきりに撚りの多い細い糸は「向いていない」ですし、パリッとしたハリのある服地を織りたいのなら甘撚りの太い毛糸は「向いていない」。

 

ただ、その糸が「向いていない」からといって、それが即ち「正しくない糸」「悪い糸」では決してなくて、そこでその糸に向いた手法や作品を考える余地がある、考えられるということが「手仕事」であろう、と思うのです。

 

 

。o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○゚・*:.。.

 

 

わたし、イベントで手紡ぎをお教えした方には「いいじゃないですかー! 繋がってりゃあ糸ですよ!(ちょーおおざっぱ)」とよく言っています。

もちろんスピンドルを初めて触ったという方が大半ですから、太さも撚りもバラバラです。

つか、初心者にいきなりキレイで均一な糸を紡がれたら、わたくしの立つ瀬がございません・笑

 

 

最初に紡いだ糸は「あなたの理想の毛糸」ではないかもしれませんが、「悪い糸」ではありません。

 

 

自分の手で生み出した毛糸を前に「これで何を作ろうかな〜♪」と考えることもまた楽しいものです。

(逆に言うと、そこを楽しめない方にはおそらく手紡ぎは向いてないんじゃないかなーと思います。はっきり理想の糸が見えているのなら、世に数多ある市販の糸の山から探したほうがストレス少ないです、きっと)

 

 

 

 

。o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○゚・*:.。.

 

 

もし「こういう糸を紡ぎたい!」と思う理想の形が見えているのなら、正直なところ「練習あるのみ」です。

 

 

ちなみに私の場合ですと、手紡ぎをし始めてから

 「太い凸凹の糸がどうにかつながるようになる」

   →(練習する)→

 「キレイな均一の糸が紡げるようになる(嬉しい!)」

   →(紡ぎ続ける)→

 「キレイな均一な糸しか紡げないことに気づく(味のある面白い糸が紡げない)」

   →(むきー!)

という過程を経ました。

 

そういうときは紡ぐ素材を変えてしまうのも手です。

 

 

私はウール以外のコットン、カシミア、アルパカ、ヘンプやラミーを紡いでみました。

ウールとは勝手が違うので最初は苦労するのですが、続けていくと大体コツがつかめるようになり、なんとな〜くいい感じに紡げるようになります。

そこからウールへ戻るとアラ不思議、ウールとはこんなに紡ぎやすい素材だったのかと思うほど、さくさく紡げるようになっておりました。

 

 

行き詰ったときには、異素材にチャレンジしてみるのもお勧めです。

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 紡ぎ車の話
    ながおひろこ
  • 【手染めレース糸、試してくださる方を募集してます】締切りました!
    猫欧州
  • アルパカ牧場見学ツアー そのいち
    みく
  • 新年ご挨拶&散財初め&次回イベント
    chappo
  • お詫び*犬糸猫糸 いったん受注停止
    まつざわ
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    てる@ひつじや
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    Roux
  • 相模大野の準備中
    Roux
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    roux
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    てる@ひつじや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM