本日は「ネットで商品を販売したいなあと考えている」方向けの記事でございます。

 

カメラが苦手で、苦手で、苦手で、でも諸事情(主に財布な…)からやむを得ず自分で撮影・加工しなければならない状況にある同志にお送りします。

 

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

へっぽこカメラマンぶりでは他の追随を許さないこのわたくし(ドヤァ!)ですが、ネット通販はじめて早15年、どうにか「まあギリギリ? ギリギリ見られないでもないんじゃね?」という写真をご用意できるようになりました。

 

正直申し上げますと………かなり写真撮影のお勉強にはつぎ込みました!(受け手の問題でドブに捨てた落ちた部分多し)

なかなか難しいのが

 「風景、人、モノの撮影はまったく別の話」

 「キラキラものとフワフワものの撮影もまったく別の話」

 「身につけて映えるものと材料の撮影方法も以下同文」

といった次第で、なかなか「自分が写したいもの(素材・羊毛)をどう写すか」について「この方法でOK!」とジャストミートで教えていただける講座はありませんでした(当たり前っちゃ当たり前なんですけどもね…)

 

あっちで学んだポイントに、こっちのテクを拝借し、という感じですが、どなたかの参考になれば幸いです。

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

まずは撮影環境から。

 

■使用カメラ:Nikon D90(弟から簒奪のおさがり)

■使用レンズ:NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G (同上)

 

カメラとレンズについては、たまたま手近なところにデジタル一眼レフユーザーがいたので「使ってないカメラとレンズ貸してちょうだい」と借りました。持つべきものは道楽者の家族…!

D90は2008年発売とありましたので、なかなかに古参兵っぽい風格があります。ぶっちゃけ超重い…! カメライベントで後発のミラーレス持ったら軽くてびっくりしましたさ。

 

同タイミングで単焦点レンズも借りていたんですが、あれこれ撮影して比較した結果「私の商品&撮影方法ではズームレンズのほうがいい感じ」という結論が出ました。

 

カメラの設定は基本ほぼ「AUTO」です。(よっ宝の持ち腐れ!)

へっぽこが下手にパラメータいじると後々の加工で苦労します。大丈夫、たいていのデジイチさんは有能だ、いい感じに撮ってくれる任せてしまえ。

 

カメラ用の三脚は使ったり使わなかったり、です。

慣れる(撮影ルーチンが確定する)までは使うようにしていましたが、「下手な鉄砲数打つ戦法」にかわってからは機動力を優先しています。

今は120g巻きを上から取る(高さや角度などの設定が変わらない)等の場合は三脚を使い、それ以外はほとんど普通に手持ちです。もちろんブレますのでそこは枚数撮ってカバー。シャッター押す瞬間に息止める(ブレ防止)ようにして10枚くらい撮れば1枚くらいは使える画があるもんですよはっはっは

三脚のときはブレ防止に短時間タイマー(4秒)も使います。

 

1被写体の1方向からの画につき3〜10枚ほど撮ります。微妙に位置(角度や高さ)を変えたり、ズームしたり引っ込めたり。ちっこいファインダー越しでは上手く撮れたな、と思っていても、PCに取り込んで拡大表示するとギャーになることが多いのです。

 

最近のスマホのカメラは大変性能がいいので、ブレさえしなけりゃスマホカメラでも十分いけるかもしれません。

が、なにぶん私は未経験なので、実際にやっておられる方に聞いてみてくださいませ。

 

注:対象物の奥がぼやける画は一眼レフでしか撮れない、と講座で教わりました。iPhoneの「ポートレート」機能とかそれっぽい画が撮れますけれども、あれは2つのカメラを使って疑似的に加工して作っているそーです。

確かにスマホカメラは手軽ではありますが、一眼レフと比べるとどうしても「できないこと」もあります。そこらへんはもう「しょうがないこと」なので諦めましょう。諦めてスマホの画を上手く使うのか、諦めてデジイチ買うか…

 

 

■使用照明:LPL ホームスタジオバンクセット(NICHIDO トルネードバルブ 32w 1灯)バンクライト+三脚のセット

 

 

「午前中晴れた日の、カーテン越しの明かり」で十分綺麗に撮れます。が、「時間と場所の制約」があるのが辛い。今! まさに今気分が乗ったので撮影したいのだ! とか夕方に思うんだよ…

 

ある程度の量を撮影しなくちゃいけない場合は、もうさっくり人工的に環境を作るのが早いし精神的に楽です。「撮りたいのに撮れない仕事が進まない」イライラは結構ツライですから。

なお撮影時は遮光カーテン閉めて外の光が入らないようにしています。

「人工的に、毎回同じ環境を作る」ことで後々の写真加工で施すパラメータをある程度均一化することができます。

 

自立式で高さ角度可変のスタンドは便利です。ブームスタンドだったらもっと便利かな、と思うときもありますが、予算オーバーなので諦めました。

使う場所を選ばないので、卓上撮影でも床置き撮影でも問題なし。うちの商品群と比べると若干大き目なので、取り回しが面倒なときもありますけれども。

 

ちなみにレフ版はコピー用紙だったり白厚紙だったり100均の「貼れるボード」の裏だったり、そのあたりにあるやつを適当に使っています。

一人で撮影してるので、レフ板は安定して自立してくれないと困るんです。

最近予想外に使い勝手が良くて自分的ヒットだったのが「ササガワ 折りたたみ式A4スタンド」。

 

 

本来はお知らせなどを挟んでイベント時に卓上に立てるものですが、横に倒すとうまいことコの字で自立してくれます。角度も割と自由自在なので、ライトに相対するように三方向レフ版として重宝してます。撮影対象10cm四方くらいまでなら多分大丈夫じゃないかな〜。

 

ときどきズボラして「太陽光+レフ板」で撮ると、影の濃さにぎょっとします。

説明用の写真じゃなくて、イメージ写真を撮るときには太陽光のほうが「印象深い」画になる感じがします。

 

んで、羊毛や糸の質感を殊更に強調したい場合は、気持ち逆光ぎみ+離れてズームで撮ります。

いい感じの画が撮れることが多い気がします。気のせいかもしれませんが…

 

 

■取り込みソフト:Nikon ViewNX 2

■写真加工ソフト:Paintgraphic2 Pro

PCとカメラをUSBケーブルでつなぎ、ViewNXのTransferで取り込み、Paintgraphicでトリミング・ホワイトバランス・明るさを調整してます。

カメラ三脚使っているときは角度やら何やら変えたくないので、超長い3mUSBケーブルでにょろにょろ繋ぎます。

今出てるカメラはけっこうWifi内蔵してるみたいですね。ケーブルなくていいのは羨ましいなあ。

 

取り込みは正直エクスプローラーでもいいんですが、撮影した生データを商品ごとナンバーごとにフォルダで管理しているのでプレビュー画面がしっかりしてる専用ソフト使用。アレコレいろんなことができそうなソフトですが、取り込みにしか使っておりません。猫に小判。

 

画像は複数の販売サイトにアップするので、一律1500pxの正方形に揃えています。このあたりのpx数はこの先もおそらく上がっていく(大きくなっていく)のではないかと思うので、その時々で要チェック。

画像は大→小の「縮小」よりも小→大の「拡大」のほうがデータが欠落します。なので「大きい状態で保存しておく」に越したことはありません。

カラーミーショップは550px推奨してますが1500pxでも取り込んでくれます。逆にEtsyは1500px推奨。

 

色々良し悪しはありましょうが、私は「写真は全て正方形」で統一しています。どうしても、なんとしても正方形にしています。

正方形長方形と混在させるとWeb掲載時ページ表示のバランスが崩れることが多いのです。どうしても正方形長方形混在させたい(させなきゃいけない)場合は、長方形の上下に白帯足して正方形に揃える、かな。

 

加工については、これまた深いのでまた次回!

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

世の中には「お手軽撮影キット」とか「これで簡単に美しい写真が撮れます」とか魅力的なアイテムが存在します。

ライトと背景と三脚と、こう設置してこのようにライティングして撮影しちゃえばあら不思議こんなに素敵に商品写真が、と謳っておいでですけれども…。

 

そういうものをかつて購入しましたけれども、わたくし、今こういう状況です。…みなまで言わずともお分かりになりますでしょう。

 

人間とは基本、自分の好きでないことには殊更に怠惰なのです。

「出すのが面倒な大掛かりなキットは、いずれ使わなくなる」と予言いたします…。

 

いかにコンパクトに、いかに手間取らず、いかに楽に撮影できるかを考えたほうがいいです、本当に。

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

ぶっちゃけますと私は「いい写真を撮ろう」とは欠片も思っておりません。

私にとって写真は「自分の染めた羊毛をご紹介するための方法・ツール・手段」であって、「目的」ではないからです。

 

この姿勢は世の中で数多ある写真講座と相容れないのです。普通「素敵な写真を撮る方法」を教えていらっしゃいますからね(笑)

そりゃ素敵ならばそれに越したことはないんだけども、素敵にするためにほかのアイテム持ってくるとか背景に凝るとか、そういうのは「私の欲しい画」とは違うわけですよ。

 

そして、色についてもあまり神経質になるまい、と思っています。(できる限り頑張ってはおりますが)

というのは「自分のPCやスマホで見えた色が、お客様の画面でもまったく同じ色で表示されている」という保証は一切ないのです。自分の見ている画面やお客様が見ている画面が、カラーバランスが完璧整えられている、という保証はどこにもないですからね。

また自分の目であっても蛍光灯下で見るのか、太陽光下で見るかでも色味は違ってきてしまいます。

 

「綺麗に写したい」という気持ちはもちろんありますが、そこに縛られて逆に「綺麗に撮れないからアップしない」になってしまっては本末転倒。

 

大変に手順が面倒そうですが、回数こなすと比較的楽に撮影ーアップの作業が回せるようになります。

加工編も近いうちにアップ! したい!

 

頑張りましょう!

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • Creemaでの販売をいったん停止しています
    camilla1942
  • 紡ぎ車の話
    ながおひろこ
  • 【手染めレース糸、試してくださる方を募集してます】締切りました!
    猫欧州
  • アルパカ牧場見学ツアー そのいち
    みく
  • 新年ご挨拶&散財初め&次回イベント
    chappo
  • お詫び*犬糸猫糸 いったん受注停止
    まつざわ
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    てる@ひつじや
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    Roux
  • 相模大野の準備中
    Roux
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    roux

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM