前回のメリノの話、羊クラスタ外のみならずクラスタ内の方々の反応もよくて、ちょっとにんまりしております。

 

…てか、私より書けるネタ多いでしょ皆さん!

書け! 書くのだ! そして羊沼の奥深さを世に知らしめるのじゃよ!

 

 

わたしができるのは「手紡ぎ用の羊毛」の中でも、更にごくごく狭い世界でのお話です。

(基本日本国内及び英国と豪州NZあたりの話がメインで、手紡ぎと牧羊が盛んなアメリカやそのほかの欧州までフォローできてません)

 

アメリカや欧州の羊事情手紡ぎ事情、工業用羊毛や食肉については「うっすら伝え聞いたことがあるようなないような…」程度ですので、ぜひそのあたりはその道のプロが口を開いてくださるのをお待ちしております✨

知らない世界の話は面白いよねー

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

 

さてさて、続いてシュロプシャーです。

シュロプシャー Shropshire

 

……イラストではありますが、もう明らかにメリノとは別種だとわかりますね。

 

ずんぐりむっくりな体形、お顔にもかかるもしゃもしゃな毛。

英国原産で、ダウン種というジャンルに分けられる羊です。

 

ひつじやでは現在

・メリノ 20g120g

・コリデール 20g(在庫限りで終了)

・シュロプシャー 120g

という3品種の羊毛を取り扱っています。

 

 

慣れている人(羊クラスタ)には割とお馴染みの品種ですが、慣れない方には「どう違うの? どう使い分けるの?」とご不明なことも多いかもしれません。

 

そんな「手づくりは好きだけど、羊にはまだそんなに詳しくないわ」、という皆さまを「底なしで楽しい羊沼に引きずり込む」べく、「羊」の品種について2,3回に分けてお話しようと思います。

 

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

羊の家畜化はまず中近東あたり(メソポタミア)ではじまり、人々やモノの移動により広まっていったようです。

Wikipediaの「ヒツジ」に、起源や歴史が詳しく記載されております。ぜひそちらもご一読ください。

 

 

羊クラスタの諸先輩方にはもう「知ってる知ってる〜」なネタではありますが、

今回はメリノ種について…

 

メリノ Merino

 

先週末は渋谷で行われたPinkoiさんのクリスマスパーティに参加してきました。

(写真をね……一枚もね……撮ってこなかったのね………)

 

渋谷でクリパ、わたくしの人生にこれまでひとっかけらも存在しなかったオプションです。

そしたら京浜東北線の架線ブッ千切れて東海道線止まるしー、横浜で電車回送にチェンジしちゃうしー、余裕見て出かけたのに渋谷到着ギリギリだったしー

 

同じテーブルのNEKI NEKIさん(Pinkoiのスタッフさんに羊毛繋がりでご紹介いただきました)、hina工作室さん(終了後渋谷駅までご一緒していただいたのですが、後でPinkoiのショップページ見てべっくらこきました。超人気ショップさんだった…)と若干の毒を孕みつつ、な話をたくさんさせていただきました。

PinkoijpのInstagramライブ動画、多分私たち三人の大笑いしてる声が入っていただろうと思います・笑

 

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

糸偏界隈の皆様というのは、基本スパンが長いのです。

 

糸紡ぎ機織り30年40年という方がごくごく当たり前にいらっしゃるし、作品を作るときは半年〜1年2年計画でたてていることも多い。

だから、なんというか「来年も再来年も、この人は機織りや手紡ぎをしているし、10年後20年後も多分そうだ」という暗黙の了解という感じというか、「よほどのことがなければ、辞めてない」という大前提がある。気がする。

 

理由は色々あって、特に機織りはどうしたって「イニシャルコスト」が大きい。

機を買う、糸を揃える、機まわりの機材を買う、等々「自宅で機織りをするための環境」を整えるために費やすコストは、正直レジンやフェルトのそれとは比較にならない。(あくまで初期コストの話)

 

故に「そこまで費やしたんだんだから、ちょっとやそっとじゃ辞められないでしょ?」と。

「辞める気ないから、そこまで突っ込んだんでしょ?」とも。

 

 

そういう環境が「私の当たり前」だったので、そういうしがらみ(というと語弊があるかな)の少ない方々とお話すると、そのスピード感というか、糸偏界隈とは違う「短いスパンに、ぎゅうっと詰め込む」感覚に揺さぶられる

海辺で、引き波に足元の砂ごと沖の方へ持っていかれるような感じ。抗えないわけではないけれど、大きいうねりを体感する、というか。

 

ついうっかりオノレと比較して「…私なんにもできてないじゃーん!」と焦るのも事実なので、あまりそれに引っ張られ過ぎるのも良くないのだろうな、と思いつつ、この熱量は「煽られ」ます。

 

いやはや、面白い感覚です。

 

 

パーティでそんなことを思いながら飲んだり食べたり笑ったりしてきました。

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

さて、今年もそろそろ終わりが見えてきました。

気を抜かず、無事に一年を締めくくりたいものです。

 

経歴まとめておいたほうがいいですよ、とアドバイスをいただいたので。

(スピニングパーティとかだと大体皆さん顔馴染みで、今更自己紹介とかしなくても大抵なにやってる人か知ってる知ってる〜みたいな空気で、まとめる必要性をあまり感じなかったというか…)

 

でもminneやCreema、Instagramなどでご縁のできた方には「どういう人なの? どういうお店なの?」というのが見えてこないですもんね。そりゃそーだ。

すでにEtsyに掲載しているものを改変して(英訳前提の文章で言い回しがくどかったりなので、削ったり足したり)こちらにも掲載しておきます。

 

今更感もかーなーりありますが、さら〜っと読んでいただくと私が何者か、が少しわかるかもしれません。

 

 

怒涛の秋冬イベント出展ラッシュもとうとう終わりが見えてきました。

(よく走り抜けた私…!)

 

今年最後の出店は「中央林間手づくりマルシェ」です。

 

中央林間手づくりマルシェ

2017年11月26日 10時〜16時

小田急江ノ島線・東急田園都市線 中央林間駅 駅前

 

駅前からずらら〜っとお店が並びます。

ひつじやはその終点間際、【K-11】にジャムの登喜屋と一緒に出店いたします。

 

「ハンドメイド素材」販売ブースとして参加しますので、いつもの羊毛、毛糸の他、チャームやパーツも持参する予定です。

羊や紡ぎ車のチャーム、値札を下げるためのピンなども持参(の予定)

 

日曜日は少し気温が上がりそうですがどうしたって寒いと思われるので、防寒対策の上お立ち寄りくださいませ♪ 

 

。o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○゚・*:.。.

 

手づくりマルシェが終わると、次回は年明け2月横浜大さん橋ホールで開催される「素材博覧会YOKOHAMA2018」です。

仲良くさせていただいている(一方的かもしれないけど私はそう思ってる!笑)繊維関係を扱っていらっしゃる複数のブースさんと並んで「繊維横丁」を作ってお待ちしております♪

 

繊維横丁についてはまた後日開催間際に詳しくご案内いたします!

乞うご期待!

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アルパカ牧場見学ツアー そのいち
    みく
  • 新年ご挨拶&散財初め&次回イベント
    chappo
  • お詫び*犬糸猫糸 いったん受注停止
    まつざわ
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    てる@ひつじや
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    Roux
  • 相模大野の準備中
    Roux
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    roux
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    てる@ひつじや
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    roux
  • 横浜アート縁日18
    てる@ひつじや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM