加工もね…奥深い沼だよね…。

 

以下は

 これがベストな手順・方法やで!

ではなくて、

 私は試行錯誤の結果、今んとこ、こんなんでやってます

でしかありません。(どうかどうか誤解なきよう…!)

 

でも、十数年前にネットショップを始めたとき、こういう情報が手に入らなくて、ひどい写真を上げたこともありました。(現在進行形ですけどね…!)

 

例え今使わなくとも、知識の裏打ちは後々役に立つこともあります。

選択肢を広げる一端になれば幸いです。

 

 

 

本日は「ネットで商品を販売したいなあと考えている」方向けの記事でございます。

 

カメラが苦手で、苦手で、苦手で、でも諸事情(主に財布な…)からやむを得ず自分で撮影・加工しなければならない状況にある同志にお送りします。

 

 

自分の知らないことを知ることは楽しい。

 

しかしどっぷり浸かると「自分の持ってるネタのどれが、他の人にとって知らない=知ると楽しいこと、なのかがわからない」という状態に陥ります。

 

先日葉っぱ小屋さんで染めのお話をしたところ反応が良かったので、需要がなくてもアップ!(笑)

 

 

 

 

【羊毛(ウールトップやネップ、ウール毛糸)を染める場合】

 

ひつじやではウールはデルクス、ラナセット、イルガラン等のいわゆる「酸性染料」を使って染めています。

 

酸性染料とはなんぞや、というお話は大変難しくて私には説明できないのでググってみて(googleが開きます)くださいませ。化学ちゃんと勉強しておくんだった、と検索結果の文章を見るたび思います…。

 

手順としては

1. 染めるもの(ウールトップや毛糸)を前日からぬるま湯に漬けておく(湿潤)

2. 酸性染料をお湯で溶く

3. 染める鍋に羊毛がヒタヒタになるかならないかくらいの水を入れる(目分量)

4. 酢酸を少量加える(目分量)

5. 羊毛を鍋に入れて水量調整し、火(極弱火)にかける

6. 溶いておいた染料を加減を見ながら羊毛の上に落とす 乾くと一段階薄く明るくなるので注意

7. 羊毛が染料を吸いきったら(お湯に色がなくなったら)火を止めてそのまま放冷

8. 冷めたら洗濯機で脱水

9. ぬるま湯ですすぎ洗いを2回ほどして洗濯機で脱水

10. ハンガーにかけ、繊維をほぐすように広げて(フェルト化している部分を広げて)から干す

 

・火加減はずっと弱火。

・私は沢山の色を少ししか使わないので、染料は焼きプリンの空きカップなどを染料の数分用意して、色別に使い分けています。染め液が余ったら、ぶちまけない様箱に入れてそのまま保管(早めに使い切ったほうがいいとは思います)。

・鍋の水の量が多いと染料の混じったお湯が対流を起こして色が混じりやすいので、多色染めするなら水は少な目推奨。(単色でムラなく染めたいのであれば水と染料は多め)

・羊毛は冷めていく際に更に染料を吸います。希望の染まり具合になった時点で鍋からザルへ引上げて自然放冷、でも大丈夫。

・酢酸(目分量)ですが、モノの本によると「染めるものの5〜10%」とあります。あんまり多く入れると後々まで臭うので要注意。

・色止め剤は使っていません(一応持ってはいますが…)。それほど濃く染めていないせいか、これまで色落ちしたことはないです。(一応商品には「色落ちの可能性があります」と明記しております)

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

羊毛染めはどうしても「フェルト化」という宿命と戦わざるを得ません。

 

羊毛がフェルト化する3つのポイントは「温度差」「振動」「アルカリショック」。

逆に言うとこの3つをやらなきゃフェルト化しない、のです。

 

・熱い羊毛に冷たい染め液は投入しない

・染めあがった熱い羊毛を冷たい水に投入しない

・熱い羊毛を触りすぎない

 

鍋染めの場合、一番面倒なのはやぱり温度差かな、と思います。

昔々のそのまた昔に受けた染めの講座で、「羊毛の場合、許される(フェルト化しない)温度差は5度以内」と聞いた記憶がうっすら…

 

また「濡れているときに触るとフェルト化する」という説もありますが、実感としては「あまり変わらない、かなあ?」という気がしています。

温く湿った状態で「揉む」とアウト(フェルト化待ったなし!)ですが、繊維をさばく程度であれば問題ないかな、と思います。むしろ濡れている(洗濯機脱水済み)状態のほうがほぐしやすい…。
 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

紡ぎ同様我流もいいところなので、「教わった方法と違う!」ということもあろうかと思いますが、まあご参考程度でよろしくお願い申し上げたく候。

 

あけましておめでとうございます

 

2019年、ひつじやは15年目に突入いたしました。

思い返してみれば山あり谷ありございましたけれども、無事(飽きもせず笑)「やりたいことをやる・欲しいものを作る」で15年。

今年も恙なく我が道を進みたいと思います。

 

2019年、皆様にとっても良き一年となりますよう…✨

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

年明け最初の出店はHandMade in Japan Fes(HMJ)!

初の冬開催ということで羊毛や毛糸山ほど抱えて参ります!

 

ハンドメイドインジャパンフェス2018

 

HandMade in Japan Fes

http://hmj-fes.jp/

2019年1月12日(土)、13日(日) 11:00〜18:00

東京ビックサイト 西ホール1F

 

ひつじやは素材エリア【C-23】に両日出展します。

会場全体図(PDFが開きます)を見ると、右手奥のどん詰まり・ちょい手前、といったあたりでしょうか(笑)

 

 

【ラインナップ予定】

・手染め羊毛(メリノ20g、メリノ&シュロプシャー120g、メリノ詰め合わせ、ネップ、バッツ)

・手染め糸(紡績糸、レース糸、手紡ぎ糸、ソックブランク)

・スピンドル

・ステッチマーカー

・チャーム&ピン類

・手染め手編みニット(帽子、ハンドウォーマー)

 

 

 

 

 

※羊リース、Sheepholicシリーズ(バッグやポストカード)、ブローチ、編みボタンは持参いたしません。ご注意ください。

 

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

 

☆足踏み式は持っていけないのですが、電動紡ぎ車がぶいぶい回っている、かもしれません。持って行きたいなあ…!

 

☆毎度おなじみ、スピンドル+羊毛お買い上げで「手紡ぎ・初歩の初歩」をお教えいたします。

 

☆最近バッツからの手紡ぎにハマっておりますため、1カセ30gの手紡ぎ糸が山盛りになっているかもしれません・笑

多色染め羊毛をカードしているので複雑に色が絡み合っています。多色染めトップをそのまま紡いだときとはまた違う色の出方が、(私が)紡いで楽しい&編んで楽しい糸になっております。

メリノをあまり細くしないように紡ぎ、また撚りも甘めなので肌あたりも柔らかく、ネックウエアに最適です。その分擦れに弱いので、手袋や靴下には不向きです。

 

☆あと、同じく肌あたりの良いメリノ紡績糸(かぎ針4号あたり)を超ロンググラデで染める計画が……持って行けるかなあ持って行きたいなあ……!  諸事情により断念いたしました…無念。2月の素材博には間に合わせたいと切に…!

 

☆手染めソックブランク持参予定です。

「ソックブランク Sock Blank」とはなんぞやといいますと、毛糸を1本もしくは2本どりで長方形のメリヤス編みにして染めたもの、です。と解釈しております。 玉巻きはせず、ほどいた端から編んでいきます。

 

ひつじやでは防縮加工済みの「ファインメリノ80%+ナイロン20%」の毛糸を2本揃えてシートにしています。2本揃えにしているので靴下や手袋など左右でペアになるものを編んだときに、ランダム染めでも柄が揃います。

 

通常はSock Yarnと呼ばれる「靴下に適したナイロン混・撚り強め」の糸を使うのですが、ひつじやではもうちょっと撚りの甘い糸を使っておりますので、日常使いの靴下よりは就寝用お休み靴下やレッグウォーマー、手袋などを推奨いたします。

大変柔らかいファインメリノの糸なので、ネックウェアにもおススメ!

1枚約100g(50g×2本)。

 

 

今回も新作含めまた山盛りです。先日知人に「毎度ものすごい量をカートで引いてくるよね笑」と言われました…だって沢山持っていきたいんだもの……

どうぞお立ち寄りくださいませ♪

 

年明け1/17、いつもお世話になっている葉っぱ小屋さん7周年企画展『ありがとうの宝物 〜オールスター大感謝祭り』の一環として、ワークショップを開催させていただくことになりました!

 

 

 

昨秋よりちょいちょいイベントでお目見えしている「ひつじリース」、これの小サイズをご自由に作っていただこう、という企画です。

オリジナルの土台と、くっつけるアーティスティックフラワー(造花)や羊毛、ビーズ、ワイヤーや道具類はご用意いたしますので、手ぶらでお越しください。(もし「これくっつけたい!」というパーツがあればお持ちください。)

 

【日時】

2019/1/17(木) 13:00〜15:00

(ポンポン作りは結構時間を食います。延長の可能性がありますので、ご了承ください)

 

【場所】

「葉っぱ小屋」

〒248-0012 鎌倉市御成町11-10 2F(鎌倉駅西口を出て左へ100歩。御成通り右手 インテリアマサキさんの2階)

 

【参加費】

4000円(税・材料費込み)

 

【お申込み方法】

葉っぱ小屋さんのメールフォームをご利用いただくか、メールまたはお電話で葉っぱ小屋さんにお申込みください。

詳しくは葉っぱ小屋さんホームページ「ワークショップ」をご覧ください。

http://happado.com/workshop/

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

実はこのひつじリース、もともとワークショップネタとして練っていた企画でした。

 

開催は来年秋以降かなあと思って(余裕かまして)いたら、何故かあれよあれよと来年早々の開催が決まってしまい、あれー?な感じです・笑

ええい、世の中スケジュール通りに流れると思ったら大間違いだ!(誰に言っているのか…)

 

私以外の人が作ったらどんなリースになるのかしら、と本当に興味があります。

人それぞれのバランス感覚の違い、切り口の違い、「心地よい」と感じる色の配色の違い、楽しみです。多分一番私が楽しみにしてる・笑

 

ご参加、お待ちしております♪

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • Creemaでの販売をいったん停止しています
    camilla1942
  • 紡ぎ車の話
    ながおひろこ
  • 【手染めレース糸、試してくださる方を募集してます】締切りました!
    猫欧州
  • アルパカ牧場見学ツアー そのいち
    みく
  • 新年ご挨拶&散財初め&次回イベント
    chappo
  • お詫び*犬糸猫糸 いったん受注停止
    まつざわ
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    てる@ひつじや
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    Roux
  • 相模大野の準備中
    Roux
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    roux

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM