本日「染め真綿」各色をアップしました。

ひつじやでは国産の「近江真綿」をご用意しております。

 

真綿というのも、これがまたなかなかに面白い&応用範囲の広い素材の一つです。

固まっているフチをほぐしてから繊維を引き出し、紡毛機で撚りをかけて糸を紡ぐこともできます。(なんたって繊維が繋がっているので、糸に紡ぐのは簡単です。両手を使うので、スピンドルではちょっと難しいですが…)

 

また石鹸水フェルトのベース(下地)に使うこともできます。真綿をネット状に広げることでウールを下支えし、ウールを薄くしても崩れにくい(抜けにくい)のです。

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

今回石鹸水フェルト使用時の参考に、と「染め真綿とメリノで薄手マフラー」のサンプルを作ってみました。

超超ざっくりした説明ですが、作品作りのヒントになれば幸いです。

 

 

 

真綿に限らずシルクはとても暖かい素材です。なので、ウールが極限まで薄いのにとても暖か&肌あたりも抜群。(手指が荒れてると繊維がひっかかりますが…)

軽やかで爽やかな色を選ぶと春先に巻いていても違和感なし。

青系統の色を使ってもっと幅広くすると、夏の冷房除けにもいい感じです。

 

【用意したもの】

型紙は30cmx180cmでしたが、出来上がりは15~22cmx140cmになりました。

 

【ざっくりした手順】

  1. 真綿を薄く剥いで必要な枚数に分ける(今回は3gを6枚に分割)
  2. フチをよくほぐして、ビニールシートの上に1枚30cmx30cmくらいに広げる
  3. 2.を繰り返して6枚を一列に並べる(隣り合った真綿はほんの少し重ねる)
  4. 真綿の上にメリノ60sを薄く薄くのせる(30cm四方の真綿1枚に対してメリノ3g弱)
  5. フェルト化させる

 

【注意点】

・真綿は力を入れて引っ張ると割とどこまでも広がります。

が、広げ過ぎると羊毛を支える下地としての役割がアヤしくなるので、私は25cm四方→30cm四方くらいにしました。もう少し広げても良かったかな、と思っています。まあ、この辺りはお好みで。

均一には広がらない(どうしても厚い薄いが生じる)ので、偏りをなくしたり、逆に偏りを作って真綿の色を濃く出したり、加減してみてください。

広げる作業は一人ではなかなか難しいかもしれません。もしどうしても人手がない場合はビニールシートの下に段ボールを敷いておいて、一辺を広げたら両端二か所を画鋲でとめる→残り三辺を広げる、という方法が良いかもしれません。

 

・羊毛は極限まで薄く、と思って、今回は2層(縦1回横1回)にしました。

置き始めの最初あたりは良かったのですが、途中から羊毛の置き方が粗くなったよう(集中力がログアウトした…)で穴が開いてしまいました。

 

ただ、全面がこういう感じであるならそれはそれでいい感じでは、とも思う(ポジティブシンキング!)ので、これもまたお好みで。最初から穴あり想定の場合は、もっと羊毛を減らしてもいけそうだな、と思います。

 

・手荒れしていると真綿も羊毛もひっかかります。作業前にはハンドクリーム等をよくすり込んでピカピカつるりにしておきましょう。

 

・今回「良い部分も悪い部分も全部晒す」ということで、端っこはあまり処理しませんでした。

はみ出していた羊毛がこすっているうちに内側外側に巻き上がり、厚くなっています。下の写真だとオリーブ色の下あたりが羊毛がまくれあがってダマになってしまってますね。

本格的にフェルト化させる前に、端っこのはみ出た(余計な)羊毛を切り落とす等すると比較的輪郭が綺麗に仕上がると思います。

 

・フチをフリル状にする場合はマフラーの中心は伸ばさず、フチだけを伸ばし気味にぎゅうっとアイロンかけると可愛いく波打ちます。

今回はできるだけ平滑にしたかったので、仕上げのアイロン時に上下左右かなり力を入れて引っ張って、全体を伸ばしています。

 

 

【こういうコトもできるかもですよ】

・2層で重ねるウール、一層目と二層目で色を変えてみる

・未染色真綿+染めメリノで重ねてみる

・真綿と羊毛の色を同じ系統にまとめる

・あえて真綿と羊毛は別の色にする
・両面真綿にして、ウールをサンドしてみる

・真綿を正方形ではなく長方形にして幅広ストライプっぽくしてみる

・真綿の色を全然系統違う色にしてみる

等々…

 

可能性はまだまだまだまだいくらでもありますね。奥深さが恐ろしいですが…

ぜひお試しください♪(そしてチャレンジしてみたら、ぜひぜひ私に写真と感想をください・笑)

 

本日、当サイトにシルクスクリーンプリントの「羊ポストカード」を追加しました。

 

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

【羊の品種】

羊の品種名は(欠けているものも含めて)39品種並べています。一コもダブってません。

ひつじや定番種(メリノ、コリデール、シュロプシャー)ももちろん入ってますし、なかなか日本国内では聞かない名前もあります。

 

当初日本国内でよく聞く品種で埋めていったのですが数が足りず、英国種を加えても足りず(〜Downや〜shireが多く、文字のぱっと見の印象が被る…)、オセアニア、アメリカと手を広げました。
 

選抜の基準も配置の順番もデザインの都合でございます。他意は全くございませんええありませんとも。

 

 

【インク】

ラメラメの入っている、カッパー(銅)色のインクを使用しています。

角度を変えるとキラキラと光を反射するのですが、これがまあ撮影が大変難しい(笑)。

 

が、このデザインを思いついたときから、もう「絶対インクはカッパーだ」と決めておりました。
白に刷っても黒に刷っても見事に映えます。ラメってる分、ノーマルカラーよりお高いのが玉に瑕。

 

 

【紙について】

私自身に「事情は色々あると察するが、個人的に薄いハガキというのは受け入れがたいっ」というヘンテコなこだわりがありまして、とにかく厚い紙を選びました。

 

商品説明にも記載していますが、「日本郵便の定める郵便はがきの規定の重さは2〜6g」です。このポストカードは5.5g、シールやテープでデコレーションすると、きっと規定の6gを超えてしまいます。

6gを超えると「郵便はがき62円」ではなく、「定形郵便82円」になりますのでご注意ください。

 

封筒に入れてグリーティングカードとしてもお使いいただけるよう、裏面(宛名面)には何も印刷していません。

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

1枚1枚、丁寧に手刷りしております。

(正直なところまだまだ失敗が多いため、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」戦法で挑んでおります。お手元へは選抜メンバーがお目見えいたします)

 

 

秋の東京スピニングパーティ(受かれば…)には、同じ絵柄のマルシェバッグ(…だって皆さん、お買い物なさいますでしょ?)をご用意する予定です。

羊飼いさん用、イベント出展者さん用にサコッシュもいくつか用意、するかもです。

 

ご期待くださいませ (・ω・)ノ

 

明日3/1よりゆうパックの基本運賃が改定されます。

これに伴い、ひつじや送料も2/28 16:30以降受け付けたご注文については新料金が適用されます。

(すでにご注文いただいているお客様には、ご注文時の送料で発送いたします)

 

 改 定 前

北海道  1,030円
東北・関東・信越・北陸・東海  710円
近畿  810円
中国・四国  930円
九州  1,130円
沖縄  1,230円

 

 

 改 定 後 

北海道  1,280円
東北・関東・信越・北陸・東海  850円
近畿  950円
中国・四国  1,080円
九州  1,280円
沖縄  1,330円

 

 

詳しくは以下の日本郵便のプレスリリースをご参照ください。

◆ゆうパックの基本運賃改定について(日本郵便のページに遷移します。)
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/00_honsha/1025_01_01.pdf
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/00_honsha/1025_01_02.pdf
 

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

おかげさまで、横浜初開催!だった「素材博覧会 yokohama2018」無事終了いたしました。

 

お立ち寄りくださった皆様、本当にありがとうございました!(後半疲労でグダグダになってましたゴメンナサイ💦)

事務局の皆様、出展者の皆様、搬入含めて四日間、大変お世話になりました。ありがとうございました!

 

大さん橋ホールの入り口。不思議な構造の建物ですよね。ホールへの入り口がわからなくて、ウロウロしてました。

 

こんな感じで展示してました。盛り盛りです。

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

昨年7月に開催された「素材博覧会KOBE2017」に引き続きの出展でしたが、いやー初日の人出のヤバさったら。

 

前日搬入時、薄暗くまだガランとしていた空間の中、事務局Mさんと「セミナーエリアめっちゃ広いですねー!」「集まんなかったらどうしようね・笑」などと言っていたのですが、んもう我々の読みの甘さときたら…!

 

午前中開催されたminne和田まおさんのセミナー、当初イス席を100用意していもののあっという間に満席、急きょイスを補充するも足りず最終的には立ち見が沢山。300用意した資料もあっというまに消えたそうですよ、すごーい!

セミナー終了後まおさんがひつじやブースに立ち寄ってくださったのですが、「おお、なんかお足元がふわふわしておられる」という感じでした。そりゃそうだわ300人がオノレを注視する中喋るとか否が応でもテンション上がるわ。

 

そしてそのセミナーを聞いていた方々が各ブースにお越しになるわけです。一応客寄せパンダにと紡ぎ車(アシュフォード トラディショナル)を持ち込んでいたのですが、踏む隙(空間的にも時間的にも)なし! 初日、お昼ご飯食べられませんでした。ありがたや!

 

 

二日目、三日目と気持ち人出は変化したものの、ビーズが目当てで来たのにうっかり羊毛の魅力にハマってしまう方がいらっしゃったり、ひつじや目当てで来ました、と言ってくださるお客様もいらっしゃったりで、もうもう本当にありがとうございます! これからも頑張ります!

 

 

東京スピニングパーティは基本「羊毛や綿を染めたり紡いだり織ったり編んだりする(いわゆるいとへん仕事)の楽しさを知っている」方をターゲットにしている「ファイバーフェスティバル」です。

その会場だけに籠ってしまったら、糸紡ぎはいつまでも「限られた人だけが知って楽しんでいるマイナーなジャンル」。市場は広がらないので(むしろ高齢化に伴って縮小の一方)、いかに面白いことなのか大きな声でアピールしていかないといけないだろう、と私自身は考えています。(いとへんな方々からも「よく色んなイベント出てますよね〜」と言われるのですが、危機感前提まったなしな気持ちなのよう)

 

 

最終日、まだ出展者もまばらな朝の会場。開場後はもう自分のブースから動けないので、朝あちこちのブースを拝見してました。

買い物ですか、ええできませんでしたとも。Instagramで皆さんの戦利品見ては「こんないいもの売ってたのかー!涙」ってなってます…。

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

そしてひつじやは真夏(きっと暑いよ!)の「素材博覧会yokohama2018 夏」にも出展します(無謀だよ!)

会場は今回と同じく横浜大さん橋ホールです。

 

素材博覧会yokohama2018 夏

2018.8.24〜26 10:00〜18:00

横浜港大さん橋ホール

 

 

多分、今回の素材博覧会で近隣に出展してくださっていた「いとへん」の皆様は出展されない(と思われる)のですが、たとえ一人であろうが暑苦しく羊を騙る語るわよ、という意気込みだけは褒めてください。

だって秋冬に売る物は夏か遅くとも初秋には作らなきゃ! てことは毛糸や羊毛は真夏(か、その前)に仕入れなきゃ! 

 

正直三日間の長丁場は堪えますが、羊沼に一人でも多くの同志を引きずり込むべく頑張ります。

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

イベント会場でここ数年手紡ぎをお教えしているのですが、トータルで100名はさっくり超えているのでごめんなさいお一方ずつは覚えていない可能性が高いです。(脳が…脳がバグってるんです…)

出来ましたら「以前〇〇で〜」と言っていただけると助かります。悪気は…悪気は本当にないんです……

 

 

Instagram見てますブログ見てますなどのお声、ありがとうございます!

与太話ばかりで申し訳ありません、これからもどうぞ御贔屓に宜しくお願いします。

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

■ 次回イベント出店予定 ■

minneのハンドメイドマーケット2018
2018年4月27日(金)・28日(土)・29日(日)
10:00〜17:00(27日のみ18:00まで)
東京ビッグサイト 東7ホール

4/27のみ 10:00〜18:00、4/28&29は 10:00〜17:00 です。ご注意ください。

 

ワンオペ(一人で回す)ため、今回は小さ目のブースにしました。

今事務局さんにデモンストレーションOKかどうかを確認しています。OK出たら足踏み式紡ぎ車を持っていきます。NGだったらスピンドルでひたすらくるくるしてます多分。 (2018.03.02 事務局さんのOKいただけましたので、紡ぎ車持参予定です)

 

minneのハンマケは仕入れ品の販売がNGですので、オリジナルの染色羊毛、毛糸をメインに持って行く予定です。もちろんスピンドルも持って行きます。

 

一人で頑張って紡いでみたけど行き詰ったわ! 打開策が欲しいわ!という方も是非お立ち寄りください。

ひつじやは一人でも多くの方をのドロに引きずり込むための労力を惜しみません。いいじゃないか、みんなで沼の中で楽しく暮らそうぜー。

 

 

 

イベントでの人気者「手染めウールネップ」。

 

 

 

 

色のバリエーションも豊富でお手頃価格、ということで多くの方にご好評頂いているコヤツですが、同時によく聞かれるのは

 

「…これはナニ? どう使うもの?」

 

………そーですよねー! 正体不明ですよねー!

 

 

 

 

ということで、改めて代表的な使い方をご案内いたします。

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

■レジンに沈める 

 

 

もとがほわほわの羊毛ですから、くっきりとはしておらず、ぼんやりと滲むようなラインになります。

 

【拡大】

 

私もレジンは遊びでしかやったことがないので、あまり有用なアドバイスはできないのですが…。

・濡れるので一段階色が濃くなります。

・空気を含んでいるので、気泡が付きやすいです。(写真を見ると一目瞭然…)

 

粒ごとに色が違うのをみっちり敷き詰めたりすると、また不思議な雰囲気が出るかもしれません。

(誰か作って! そして私に見せて!)(他力本願)

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

■石鹸水フェルトのとき、模様として使う 

 

 

置き方としては2パターン考えられます。

まずは羊毛の「下」にネップを置いてからフェルト化する方法。(上記写真はこの方法)

利点としては直接手がネップに触れないので、ずれない。しっかりフェルト化させることができる。

デメリットは作業中見えないので、正しく配置できたかどうかは見てからのお楽しみになる、でしょうか。

 

 

逆に、羊毛の「上」にネップを置く方法。

 

……実は、私はこの方法はあまりおススメしておりません。

 

作業する方の「上手下手」もありますが、下手な私がやると「ずれます」。

羊毛にネップがしっかりくっつく以前に、手にネップの凹凸があたって移動してしまうみたいです。

 

ずれないようにするコツってあるのかなあ?? 要研究です。

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

■ニードルフェルトで模様に使う 

 

ちょこっと注意が必要です。

 

ニードルフェルトはふわふわの繊維を針の返しにひっかけてベースへと絡み留めていきます。(ニードルの仕組みについての参考記事:ひつじやブログ「ふとん綿はニードルフェルトの材料として使えるの?」

 

なので、ネップの中でもフェルト化の甘い、ふわふわ繊維がいっぱい出ている粒を選んでください。

きっちりフェルト化が進んでいる粒は繊維に遊びがないので、いくら突いてもベースに絡み(固着)ません。

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

■羊毛に混ぜて紡ぐ 

 

 

わりと王道の使い方かと思いきや、これもまた注意が必要です。

 

羊毛や綿は、細くきりっと紡ぐと取り切れなかったゴミ(草や種の欠片など)がピンっと弾け飛ばされることがあります。

これはネップにも適用されてしまいます。

 

なのでネップヤーンを紡ぐときは、

・よくよくよ〜く混ぜ込んで、ベースの羊毛に馴染ませる

・あまり細く、きりっと紡がない

 

また出来上がったネップ入り単糸を別糸で押さえるのも手かと。

 

‥…━━ *‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ * ‥…━━ *

 

■ミシン糸等で縫い留める 

 

 

 

この方法だと粒が潰れません。ベースの上にぽつぽつと凸凹をキープした状態で、自分の狙ったところに狙った粒が置けます。

若干糸切れや粒の崩壊など耐久性に不安がありますが、今のところは問題なく使えております。

 

写真では白いミシン糸を使い、見えないように縫い留めています。

透明なミシン糸を使ったり、光沢の美しい釜糸(日本刺繍用の絹糸)や金糸銀糸などで糸を見せるように留めても良いアクセントになりそうです。

 

 

 

上記はあくまで参考例、どのようにして使っていただいても大丈夫です!

土台に接着剤を塗りこめておき、植毛するようにネップを植え込む、というお客様もいらっしゃいました。

 

ぜひぜひ色んな使い方を発見してみてください♪

(そして私に教えてください・笑)

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 紡ぎ車の話
    ながおひろこ
  • 【手染めレース糸、試してくださる方を募集してます】締切りました!
    猫欧州
  • アルパカ牧場見学ツアー そのいち
    みく
  • 新年ご挨拶&散財初め&次回イベント
    chappo
  • お詫び*犬糸猫糸 いったん受注停止
    まつざわ
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    てる@ひつじや
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    Roux
  • 相模大野の準備中
    Roux
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    roux
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    てる@ひつじや

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM