5月上旬に植えた和棉の種6つのうち、4つが芽を出しました。(ベランダ栽培で、あんまり日が当たっていないのがいけないのかもしれません。)

で、芽が出てから二月になろうとしているのですが。

和棉の苗


一向に10cmを越えないってのは、どういうことでしょうか!?(汗)

お日様が足りないのか肥料が足りないのか、それともただじっと時を待ってるだけなのか。

種を分けてくれたもげっちは「暑くなったらにょきにょき伸びるよ〜」と言っていたので(もうだいぶ暑くなってるような気もするんですケド…)、しばらくはこのまま様子を見ようと思います。
……伸びてくれよ、頼むから。

残っていたアルパカ原毛も一気に洗い上げました。

今回は
・濡らす前に土砂落とし
・予洗いなし
でチャレンジ!

アルパカ洗毛
洗いあがったアルパカ。右上から時計まわりにワカヤ白、ワカヤ茶、スリ白、ワカヤ・グレー。

***

フリース(原毛)から物創りするときと、スライバーから物創りをするときでは、多分なにかが違う。

スライバーはいうなれば角材。使いやすい長さ、太さに揃えられ、すでに加工もある程度済んでいる。
あらかじめ創りたいものが決まっていて、そこに素材をあわせていく。

フリースは……うーん、海岸に流れ着いた流木? 洗ったり、塩気を抜いたり、手間をかけながら、それをどうやって使うか考える。
素材があって、その後に用途を考えていく。

どちらが「良い」「悪い」というものではなく、その人がその時やりたいやり方に、あっている素材を選べばいいだけ。
ま、そんな風に思うわけです。

***

というわけで「アルパカ骨の髄まで堪能コース そのいち・洗毛」です。どんどんぱふぱふ〜♪

なんか、一生懸命言葉で説明しようとしたら、むやみやたらに長くなってしまいました。
わかりにくいところ等ありましたら、どんどん突っ込んでやってくださいましねっ。

やじアルパカ
毛刈りされて厩舎に連れ戻される途中「もうイヤなんだようっ」とヘタリこむシンジョー(右)と、それを「やじアルパカ」する仲間たち(左)。

那須にある、日本で唯一のアルパカ牧場の見学ツアーに参加してきました(2005年6月17日)。

アルパカ遠景

アルパカの皆さん、すでにほとんど毛刈り済み……(泣)

アルパカとは、南米の高地で飼育されている家畜の一種です。南米土産でアルパカのセーターなども売っています。
続きを読む >>


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • Creemaでの販売をいったん停止しています
    camilla1942
  • 紡ぎ車の話
    ながおひろこ
  • 【手染めレース糸、試してくださる方を募集してます】締切りました!
    猫欧州
  • アルパカ牧場見学ツアー そのいち
    みく
  • 新年ご挨拶&散財初め&次回イベント
    chappo
  • お詫び*犬糸猫糸 いったん受注停止
    まつざわ
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    てる@ひつじや
  • 相模大野アートクラフト 無事終了!
    Roux
  • 相模大野の準備中
    Roux
  • 相模大野アートクラフト パンフが届いたよ
    roux

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM